エクセル管理から無料会計ソフトへの移行のススメ

category01

今まで帳簿などをエクセルで管理していた方は無料で使える会計ソフトに移行をお勧めします。エクセルなどの表計算ソフトでは、仕訳などの入力に限界がありそのまま税務申告のための確定申告書を作成できません。その点、無料で使える会計ソフトでは入力したことがそのまま確定申告書に反映されるので、決算や確定申告時に2度の手間を挟まなくてもいいというメリットがあります。

あなたの知らないマイナビニュースの情報を公開しているサイトです。

今までエクセルで入力していた方であれば業務の効率化が図れます。
無料なのでランニングコストも削減でき一石二鳥です。

会計ソフトというと操作に難しいイメージだったり、知識がなければ扱えないといったイメージもありますが、今普及されている会計ソフトには銀行の通帳やクレジットカードの取引状況を自動的に仕訳に起こしてくれるという便利な機能もあります。



これらを駆使することでそういったマイナスイメージは全く感じられなくなります。

勤怠管理システムに関する有益な情報をご紹介いたします。

そもそもエクセルで入力することができるという方であれば、入力自体に何ら支障はないことでしょう。
エクセルではわかりづらかった月ごとの経営成績を自動的に出してくれる試算表といった帳票も出力することができますし、無料の会計ソフトに移行しないという選択肢はあまり考えられません。
より詳細な機能が欲しいとなった場合に有料版を購入したりできますし、それまで入力したデータをそのまま写すことができるので将来の事業規模拡大にも対応できるという点でもメリットだと言えます。

ためになる情報

category02

デジタル時代は様々なデータ処理を無料で行うことが可能となっています。無料の会計ソフトなどは、とても人気があります。...

subpage

技術をもっと知る

category02

企業は多くの企業と取り引きをしているために、企業との取り引きを記帳して保存する義務があります。しかし、手書きで記帳すると非常に手間がかかるでしょう。...

subpage

知っておきたい常識

category03

会計ソフトと聞くと使い方が難しいと思って使うために抵抗があると思いますが、使い方が難しいソフトは会計ソフトではありません。多くのソフトが無料で手に入れることができますが、無料と有料の会計ソフトでは大した差がないでしょう。...

subpage

技術の話

category04

会計ソフトでは、有料のものと無料のものとが存在します。有料のものであれば継続して数年間は使用出来る場合が当たり前であるのに対して、無料の会計ソフトでは単年度だけに使用を限定した方が良いケースも散見されるところです。...

subpage